忍者ブログ
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68
Posted by - 2020.07.06,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 新矢晋 - 2013.08.28,Wed
即興二次小説で制限時間30分で書いたもの。
ジュンゴ×アイリ要素がほんのりあります。ダブルデート?







ソフトクリーム


「妹よ!」
「だからそれやめなさいって!」
 勢いよくアイリに抱き着こうとして殴られた少年は、思ったよりも威力のあったその一撃にふるふると頭を振って――ジュンゴはこれを受けて顔色ひとつ変えないのだからこわい――、唇を尖らせた。
「えーいいじゃん、減るもんじゃなし。俺一人っ子だから妹ほしかったんだよね」
 癖っけをわしわしとかきまぜながら言う青い目の、あの滅びかけた世界さえ救ったはずの少年は、今となってはただの高校生――この春から高校生――であり少しばかり、そう少しばかり素っ頓狂な遊び人でしかなかった。
「い・い・わ・け・ないでしょっ! あんた一応男なんだからっ、うら若き乙女にそんなこと、セクハラよセクハラ!」
「うら若き乙女……」
「何か文句でもある?!」
 また拳を握ったアイリに勢いよく頭を振った少年は、こちらへ近づいてくるふたつの人影を視界の端にとらえて片手を上げた。
「アイリとコヨイ、喧嘩よくない。仲良くしよう、ほら、甘いもの食べると落ち着くよ」
「ソフトクリームを買ってきたから、好きなものを選ぶといい」
 大柄な男が二人は視界への圧迫感がすごい。
 露店から戻ってきたジュンゴとロナウドからソフトクリームを受け取って――アイリはストロベリー、少年はソーダ――、四人は休憩用のベンチへと向かった。


 ジュンゴ、アイリ、ロナウド、そしてコヨイ。
 四人で遊園地へ行こうと言い出したのはコヨイで、ジュンゴとアイリは同年代だからわかるがどうして俺がと戸惑うロナウドを説き伏せたのもコヨイだった。
 名古屋組同窓会ってことで、と明るく言い放たれるとロナウドには断るすべなど無く、四人でのデート?が実現したのだった。


 ジュンゴとアイリの漫才を横目にソフトクリームを舐めていた少年は、ふと視線を感じて隣を見た。……ちらちらとこちらを窺っているロナウドの視線はとてもわかりやすく、彼は本当に刑事なのだろうかと思わせるほどだった。
「どうしたの、ロナウド」
「え、あ、いや」
 珍しく歯切れの悪い様子を見せてから、じっと見つめてくる青い目に耐えかねて口を開いたロナウドは、
「……いいのか?」
「なにが?」
「その、……アイリくん、随分ジュンゴくんと仲良くしているようだが」
 婉曲な、奥歯に物の挟まったような台詞を吐く。
 ぱちぱちと瞬きをして黙り込む少年を見詰めるロナウドは眉を下げ、それから極端に声を潜めて少年に顔を近づけて囁く。
「……君は、アイリくんと付き合っているんだろう?」
「はあ?!」
 思わず声を裏返らせた少年の方へ視線を向けた二人になんでもないと頭を振ってみせ、それから少年も声を潜めて言い返す。
「なに言ってんの、ロナウド馬鹿?!」
「な、俺は馬鹿じゃないぞ! その、いつも君、アイリくんと仲が良いじゃないか」
「妹みたいなもんだよ、ほんっと、何言ってんの……」
 ああー、と呻きながら片手でぐしゃぐしゃと髪を乱した少年は、深々と溜め息を吐いた。
「アイリはね、ジュンゴと。だから。……見てりゃわかるでしょ」
 目を丸くしたロナウドは勢い良く二人の様子を確認し、まじまじと見詰めてからまた少年へと顔を向けた。
「そ、そうだったのか……すまない、勘違いしていた」
 謝罪を無視してソフトクリームを舐めた少年は、どこか痛みに耐えるように眉を寄せ、口を止める。
 溶けた雫が少年の指を濡らして、我に返った少年が慌ててティッシュを取り出そうとするのを制止してロナウドがハンカチでその指を押さえた。
 びく、と震える指先。不思議そうな目で見てくるロナウドと視線を合わそうとせず、少年は早口に「ありがと」と言った。
「……ロナウド、ダブルデート、って知ってる?」
「? ああ、二組のカップルが一緒にデートすることだろう?」
 もちろん先の言葉の意図など察することもなく、ただ真っ直ぐ自分を見てくるロナウドの鳶色が眩しくて、少年は目を細める。
 ――ずるい。……ずるい。
 ぽたぽたと雫をしたたらせ始めた水色のソフトクリームは、泣いているみたいだ、……俺みたいだ、と少年は思った。


《終》

拍手

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]