忍者ブログ
[46] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33
Posted by - 2020.07.06,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 新矢晋 - 2012.09.13,Thu
憂主のような主憂のような。
回帰後?に、誰かを待つウサミミの話。短めです。

知らない再会


 俺は、誰かを待っている。
 それが誰かもわからず、来るか来ないかもわからず、待っている。


 学校の自習室で慣れた勉強をしながら、ふと溜め息を吐く。受験に対する心配はほとんど無く、惰性で手を動かしているだけだ。
 幼馴染みは教師に質問しに行って、しんとした自習室の空気は息苦しい。俺は携帯電話だけ握り締め、ふらりと部屋を後にした。
 ――気が付けば、階段を上っている。
 空に近いところへ行きたかった。いつもは屋上へ続く扉の前で時間を潰すのだが、今日に限って開いていた扉が俺を招いた。
 冷たい空気を吸い込みながら屋上へ足を踏み入れた俺、澄んだ空気のせいで余計に高い空。耳が冷たくて、フードを被って風よけにした。
 視界の隅で僅かにフェンスが揺れた気がして、何とはなしに見上げると。
「やあ」
 フェンスの上に危なげなく直立する、白髪の少年と目が合った。長い睫毛をはたりと揺らし、どこか浮世離れしたその少年に、俺は頭の奥を揺さぶられたような感覚をおぼえる。
「……危ないぞ」
 目眩にも似たその感覚に目を細め、自分でもずれていると思う第一声。少年は無感動に笑った。
「心配は無用だよ、けれど、……ああ、あの時と同じだね」
 ふわりと、重力を無視した緩やかな動きでフェンスから飛び降りた少年の、鮮やかな赤と黒の服が俺の目を眩ませる。
 ひとではないのだ、と自然に思っていた。だけど恐れも何も感じなかった。
「また会えたね」
 子供のように老人のように微笑んだ少年を、俺は確かに知っている筈なのに。差し伸べられたかいなをかき分け、飛び付くように彼を抱き締めていた俺はまるで俺じゃないみたい。
 ひんやりとした、無機物のような肌触り。俺はこの冷たいあたたかさを知っている。
「どうしたんだい、ああ、人間は再会の挨拶をするものだったね」
 俺を抱き返してくるしなやかな腕。それが泣きたいくらいに愛しくて、胸が潰れそうで、それなのに俺はまだ彼の名前も思い出せずにいる。


 なあ、まずは名前をきくところから、また始めてもいい?


《終》

拍手

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]